シューツリーを使って大切な靴を長く履こう

スポンサードリンク

こんにちは。

皆さんも大切にしている靴はありますか?

靴はシューツリーというものを入れてあげるとさらに長持ちするようになるのでお気に入りの靴を長く履くことができますよ。

今回はそんな靴を大切に愛用する上で重要なシューツリーについて書いていきます。

シューツリーとは

シューツリーとは靴の中に入れる足の形をしたものです。

靴屋さんに行くとディスプレイされてる靴の中に入っているので見たことある人もいるんじゃないでしょうか?

こんなやつです。

他にもプラスチック製のものもあります。

 

なぜシューツリーを入れると靴が長持ちするの?

靴は履いていると足の甲の部分に履きジワがついてきます。

足の甲の部分に二本の線が入っているのがわかるでしょうか?

人によってつく場所が違うのですがこれが履きジワです。

写真の靴は前に紹介したHARUTAのローファーです。

履きジワがつくことによって靴擦れしにくくなるなどのメリットもあるのですが履きジワをそのまま放置しておくとだんだんとダメージが蓄積していってその部分の革がひび割れしてしまいます。

シューツリーを入れることによって靴の革が伸びて劣化のスピードを遅らせてくれます。

ただシューツリーを入れるだけでなく適切なお手入れも同時にすることによって靴を長く愛用することができるのです。

シューツリーには主に木製とプラスチック製の二つがありどちらも一長一短あるので両者の特徴を軽くまとめて見ます。

プラスチック製

プラスチック製のシューツリーのメリットは価格です。

アマゾンだと数百円からあります。サイズは固定のものや調節できるものもあります。

調節できるものは一つ買っておけば大抵の靴には入れることができるので価格の面と合わせてかなりコスパがいいと思います。

デメリットとしては防臭効果や蒸れ防止などの効果をあまり期待できないことです。

とはいえかなり安いので一つ買っておくのもアリだと思います。

 

木製

木製のシューツリーのメリットは防臭や靴の中の水分を取ってくれる効果があることです。

特にシダー製のシューツリーはとてもいい香りで湿気も取ってくれるのでオススメです。

価格はプラスチックの物と比べると高くなりますがその分、先が割れていたりかかとの部分が大きかったりとしっかりと作られているので長く利用できることを考えればそこまで高くはないんじゃないかと思います。

 

僕が所持しているシューツリー

僕はシューツリーを三種類持っていて靴に合わせて使い分けています。

一つ一つ紹介していきます。

 

IKEAで買ったシューツリー

IKEAのプラスチック製のシューツリーで100円でした。

この価格だったので2足分購入したのですが1足が買ってすぐに壊れてしまいました。

このタイプは靴に入れるとバネの力でテンションをかけてくれて革が伸びるようになってます。

靴に入れるとこんな感じです。

バネの力で足の甲の部分の革が伸びています。

踵側はこんな感じです。

このタイプのシューツリーはお手頃な価格で買いやすいのですが踵の一点に力が加わってしまうのでその部分だけ革が伸びてしまいやすいというデメリットがあります。なので革靴よりかはスニーカーに使う方がいいと思います。

ユナイテッドアローズで買った木製シューツリー

こちらはユナイテッドアローズで購入した木製のシューツリーです。

どこかのOEMだと思いますが金属のタグがついていてそこにUNITED ARROWSのネームが入っています。

このタイプのシューツリーは先が二つに分かれているので革をしっかりと伸ばすことができます。また、踵の部分が大きいので点ではなく面で支えることができ靴に与えるダメージを最小限に止めることができます。

僕は27cmの靴を買うことが多いのですがこのシューツリーは28cmを買ってしまいあまり出番はありません。欲しい人いたら差し上げますよ笑

 

glossychoeのシューツリー

これはつい先日買ったシューツリーなのですがなかなかいいです。2000円ちょっとで買えるシダー製のシューツリーはあまりないんじゃないでしょうか?

monographで紹介されていて気になったので購入しました。

なかなか雰囲気のある箱に包まれて届きました。

開けるとこんな感じでシューツリーが紙に包まれています。

 

シダー製でとてもいい香りがします。

踵の部分の金属パーツはリング状のものとこっちのタイプの二つから選ぶことができます。リング状のタイプが欲しかったのですが売り切れていたのでこっちにしました。

機能性はどちらもそこまで変わらないので見た目で選んで大丈夫です。

靴に入れるとこんな感じです。木製のシューツリーを入れるだけでグッとかっこよくなりますね。

しっかりと踵にフィットしているので型崩れも起きにくそうです。

外すときは金属の部分を持って上に引っ張るとスポッと外れてくれます。

これが2000円ちょっとで買えるなんてありがたいです。

シダー製のシューツリーは香りが薄くなってきたら軽くやすりがけをしてあげると香りがまた出てきてくれます。

このように表面を削ることによって新しい木が出てくるので香りが復活します。

 

まとめ

今回は靴を長く愛用するためのシューツリーの紹介についてでした。

上で紹介したglossychoeのシューツリーはアマゾンで2000円ちょっとで買えるのでシューツリーを持ってない人にオススメです。

プラスチック製を何個も買うくらいなら木製のものを一つ持っておく方がいいと思います。

シューツリーは入れっぱなしにすると必要以上に靴が広がってしまう恐れがあるので靴を履いたら一日風通しの良い所に置いて二日目にシューツリーを入れ三日目に取り外すことをオススメします。そうすればシューツリー一つで何足もの靴をローテーションすることができるので経済的にもいいです。





今日のBGM

GO!GO!7188のこいのうたです。

この曲はカノンコードという進行を使っているので聴きやすいです。

カノンコードとはクラシックの有名曲「カノン」に使われているコード進行で、

C→G→Am→Em→F→C→F→Gの流れでコードが進んでいってルート音と言われる一番低い音が一音ずつ下がっていくのが特徴です。

「TOMORROW」「勇気100%」「さくら(独唱)」「翼をください」「明日への扉」「さくらんぼ」などの有名曲もカノンコードです。カノンコードから派生した小室進行も有名ですね。

カノンコードの曲は転調した時に鳥肌が立つというかすごく気持ちいいのでぜひ最後まで聴いてみてください。

 

それでは今回はこの辺で。

 

スポンサードリンク