信用を貯めましょう。お金よりも大切なものに気づけるか

スポンサードリンク

さいきん世間では過ごしやすい季節と言われていますが暑がりの僕はまだまだ半袖が手放せません。みなさん信用貯金という言葉を知っていますか???

僕はその言葉自体を聞いたことはあったのですが意味を深く考えたことはありませんでした。最近その意味について深く考える機会があったので記事にしたいと思い書いているところです。

 

 

信用貯金ってなに?

 

信用貯金とはその名の通り信用の貯金です。お金と同じように信用も貯金することができます。お金と違って銀行に預けたり実際に見ることができないので実感はないですが存在しています。

広告



どうやって貯めるの?

 

お金を貯めるにはものを売ったりサービスや知識、技術を売ったり投資して増やしてそれを貯金にまわす。ということが考えられます。しかし信用の場合は一体どうやって貯めるのでしょうか。

 

 

それは人に、社会に、

 

奉仕しまくることです。

信用を貯めるにはまず信用をまわりから得ないとはじまりません。

なぜ奉仕しないといけないのでしょうか?

それは個人が一番手っ取り早く信用を得る方法が奉仕だからです。

広告

 ンスタグラムとツイッターのフォロワーを増やすアプリ

奉仕する=認知度をあげる

 

広告



最初から知名度のある人なんていません。

知名度をあげていかないと自分を発信しても届かないのです。

知名度をあげる方法で一番効果が現れやすいのはテレビに出演することでしょう。しかしそれは現実的ではありません。そこで一般人が簡単に知名度を上げる方法として奉仕するという選択肢が出てくるのです。

give&takeではなくgive&giveなのです。

 

giveしたあとに見返りを求めてはいけないのです。

 

giveしてgiveしてgiveしてgiveしてgiveするくらいの気持ちが必要なのです。

 

 

信用はgive&giveによって成り立つ

広告 


信用というものは本来、相手との信頼関係の上に成り立つものです。

なのでまずは相手と信頼関係を築かないといけないのです。

相手に与えて、見返りを求める。これがgive&takeです。

たしかにこれでも信用を得ることはできるでしょう。しかし時間がかかります。なぜなら相手側に「なにかをあげないともらえないのだろうか」という疑問が残ってしまうからです。これを払拭するにはかなりの回数give&takeを繰り返さないといけません。

しかしgive&giveならどうでしょうか?

最初は相手も疑うでしょう。しかしその誤解が解けるのに時間はかからないと思います。そしてだんだん認知度が上がっていきます。

プロブロガーの八木仁平さんもブログでこのように言っていますがあいてに与えることによって自分のことを気にかけてくれるようになるのです。

そして認知度があがり影響力がついた段階ではじめて自分が本当にしたいことを提示する。

この一連の流れが重要なのだと思います。

 

広告 

なんで信用をためるの?

 

信用よりもお金貯めた方がよくない?

こう考える人も多いと思います。

たしかに生活する上でお金はとても大切です。しかしお金を貯めてもお金しかたまりません。

信用を貯めるとお金もあとから付いてくるようになります。

 

 

なんでおかねが付いてくるの?

 

 

それは一度信用を得てしまうと「あの人が紹介してるからやってみよう」や「あの人が売ってるから買ってあげよう」とgive&giveをしていた頃に無条件で自分の持っているものを与えてた人たちが返してくれるようになるのです。

また最初に行動することであとからお金が入ってこることもあります。

これが寝ながら稼ぐ

ということ。

ジェームズスキャナーさんの寝ながら稼ぐ121の方法

寝ながら稼ぐ121の方法

に詳しく書いてあります。オススメです。

 

 

まとめ

広告


お金を稼ぎたい人も有名になりたい人もまずはgive&giveの精神で信用を貯金していくことから始めよう。

結果はかならず付いてきます。

スポンサードリンク