相対性理論好きな僕が語るパスピエの魅力

スポンサードリンク

みなさんパスピエというバンドは知ってますか???

僕は最近聴き始めました。前に書いたのですが僕は相対性理論というバンドがめちゃめちゃ好きでずっと聴いていました。

Googleで相対性理論のことを検索しているとやけにパスピエが候補に出てくるなぁと思っていたのですが昔愛用している音楽プレーヤーにパスピエのアルバムを入れたことを思い出したので聴いてみることにしたのですが予想以上にハマってしまったので記事にします。

 

パスピエとは

 

パスピエとは2009年に結成されたバンドです。キーボードの成田ハネダが中心となって結成したバンドでボーカルは大胡田なつきという女性です。

その他にもギターやベース、ドラムがいたのですがドラムの人が最近脱退してしまいました。

 

音楽性

 

成田さんはもともとクラシックを専攻していたらしいのですがポップスに傾倒しパスピエを結成したそうです。なのでパスピエには独特のサウンドがあります。一度聴いたら忘れられないメロディなので僕もすっかり虜になってしまいました。

S.Sという曲のサビのキーボードはそこまで主張の強いメロディというわけではないですがどこか頭に残る印象的なメロディになっていてすごいですね。

顔を出さない

 

アルバムジャケットなどでメンバーの顔が出ているときは何かしらで顔を隠していることが多く今まではメンバーの顔は謎に包まれていました。しかし少し前に露出し始めたので今では大胡田さんの顔はネットで検索すると出るようになっています。他のメンバーも楽器のレビュー動画などで見かけるようになってきたので最近はあまり顔を出さない印象はありませんね。

 

相対性理論との共通点

 

 

女性ボーカル

 

女性ボーカルのバンドはたくさんあるのですがこの2バンドはどちらも歌い方に癖があります。僕は最初にパスピエのS.Sという曲を聴いたのですがそのとき少し相対性理論のやくしまるえつこさんっぽいなぁと感じました。

少しか弱い感じなどが似ていると感じました。

メディア露出が少ない

 

相対性理論も初期の頃はメディアへの露出がほとんどなく謎に包まれていました。やくしまるえつこさんも昔は顔を隠していることが多くその点もパスピエと共通しています。

 

 

音楽性が独特

 

広告

 

相対性理論には少し聴くだけで相対性理論だなとわかるサウンドがあります。ボーカルの歌い方だったりギターの音だったり色々な要因が組み合わさってそうなっているのだと思います。

パスピエにもそれがあって一回聴くだけでパスピエだとわかります。アルバムを一回通して聴くとパスピエの世界観が見えてくると思います。

 

共通点はあれど

この二つのバンドに共通点はあれどどちらも別々の魅力があるのでひとまとめにしてしまう前にまずは数曲聴いてみることをオススメします。

相対性理論は相対性理論で初期と今では歌い方などが変わってきているので一概にこのバンドはこうだ〜とは言えないです。

ただ相対性理論も大好きですがパスピエ も大好きです。とくにシネマという曲は名曲なのでぜひ聴いてみてください。

アジアンなんかもシネマが好きな人にハマると思います。

パスピエ の世界観に酔いしれてください!!

パスピエのオススメの曲

 

つくり囃子

ギターソロのうねるような感じがすごくいいです。サビのメロディもキャッチーなので聴きやすいと思います。

 

 

とおりゃんせ

これは少し不思議な雰囲気の曲です。どこか儚げな。そんな感じ。

 

 

S.S

この曲は有名なので知ってる方多いんじゃ無いでしょうか??

サビのボーカルのメロディとは別にキーボードがなっているのですがそのメロディがめっちゃいいです。

 

 

これらの曲はどれもパスピエ感が強く出ていてオススメです。

とくにS.Sは個人的にすごく好きです。

 

まとめ

 

パスピエはかっこいい。相対性理論と共通点もあるがあくまで似ている要素があるだけで別物。

もっと聴いていきたいです。

スポンサードリンク