NuAnsの名刺入れがお洒落で使い勝手良くて名刺を渡す瞬間を楽しくしてくれる!!

スポンサードリンク

こんにちは。学生ギタリストブロガーのともろーです。

今まで僕は名刺という物には縁がなかったのですが、去年から始めた不動産のインターンで使うことになりどうせなら名刺入れにもこだわりたいなと思いいろいろ探していたところNuAnsという会社の製品に出会ったので紹介します。

NuAnsとは

現代の生活の中で、いつの間にかiPhoneやiPad、PCはすっかり必需品になっています。その「便利」は生活を見事にサポートしてくれます。私たちの行動範囲もまた、変化しています。家と会社の往復だけではなく、家庭にも外にもワークスペースがあり、カフェやライブラリーなどがビジネスの現場にも、リラックスする空間にもなっています。これら、ものとしての「便利」と空間の「便利」をうまく利用することで、充実し、快適な日々を送ることができています。
しかし、iPhoneやiPadも、ワークスペースや快適な空間の拡張も、まだ本格的に普及してから数年しか経っていないせいか、私たちの傍らで、愛用品として、本当の居場所として、生活に溶け込んでいるわけではありません。自分の手元に置きたいと感じたもの、そこにあって欲しいと選んだインテリア、様々な色や形が日常の中に溶け込んで、その人ならではの雰囲気が生まれます。
ひとつひとつのアイテムが、それぞれに存在を主張しながら一つの個性を作り上げます。カフェでは静かに佇み、部屋では周囲に馴染み、手の中に温かく収まる。現代の空間と便利を、雰囲気を壊すことなく提供する。それがNuAnsの目的です。

NuAnsホームページより引用

このようにライフスタイルに寄り添った製品を提案してくれるのがNuAnsというブランドの特徴です。

名刺入れの他にも机だったりペンケース、ケーブルを纏めてくれるものなどいろいろなものがあってそのどれもが見た目がお洒落なのはもちろんデザインや素材にもこだわっていて毎日を楽しくしてくれるものばかりです。公式のホームページにいろいろ乗っていて面白いので是非みてください。

NuAnsホームページ

見ているだけでワクワクしてしまいます。

NuAnsの名刺入れ

見た目から見ていきましょう。

形はこんな感じでかなりシンプルです。素材は起毛素材のものを使用していてサラサラとモフモフの中間ぐらいの触り心地です。東レの素材を使っているようです。蓋は磁石でくっつくようになっていて軽い力で開けることができますがリュックなどの中で名刺が出ちゃうことは今までありませんでした。

開けるとこんな感じです。企業名やロゴは載せていいのかわからなかったので修正しています。

この写真でいうと名刺の右端を持って少し右側に滑らせるだけで簡単に名刺が取れるのでストレスフリーです。

また、名刺を入れるところが二重になっていて下段にはもらった名刺などを入れておくことができます。

名刺の他にもメモなどを入れておけるので地味ですがかなり便利なスペースです。

名刺は20枚入るのでまず困ることはないでしょう。





まとめ

名刺を渡すという社会人なら多くある機会を楽しくしてくれるNuAnsの名刺入れ。

かなり気に入ってます。他にもNuAnsの製品を増やしていきたいです。

今日のBGM

Jimi HendrixのPurple Hazeです。僕がギターを始めたきっかけの曲です。僕の原点とも言えます。

CMで使われたりもしてるので聴いたことある人は多いと思います。名曲です。

 

それでは今回はこの辺で。

 

スポンサードリンク