MacBook Proを無刻印化。スタイリッシュが加速する。

スポンサードリンク

こんにちは。

皆さんはどんなパソコンを使っていますか?

僕はAppleのMacBook Pro2016年モデルUSキーボードタイプを使っています。

なぜUSキーボードタイプにしたかというとシンプルなものが好きでキーボード上に文字がたくさん書いてあるJISキーボードタイプよりかは英字のみ印字されたUSキーボードタイプの方がスッキリしていて好きだからです。また、かな入力をしないのでひらがながキーボード上に書いてある必要が個人的にはないというところも理由の一つです。

このMacBook Proを購入して一年弱立つのですが最近までは現状のキーボードで満足していました。

しかしもう少しシンプルにできないかと考えていたところ、トバログさんモノグラフさんのさんの記事を発見してキーボードの無刻印化を決意したわけです。

ファーイーストガジェットのブラックアウトステッカー

僕が購入したのはこれです。

その名の通りキーボードを真っ黒にしてくれるステッカーです。

商品自体の写真は撮り忘れたのですが封筒に入って届きました。

封筒を開けると透明なビニールに入れられた商品が入っていました。

Before

もともとはこんな感じでした。

この状態でも他のパソコンよりかは全然シンプルですよね。 これはこれで美しくて好きです。

After

ブラックアウトステッカーを貼るとこんな感じです。

すごくないですか??

全ての文字が消え去りました。

超シンプル。

一つ一つキーにシールを貼っていくだけなので簡単ですがけっこう時間がかかります。

あとシールが微妙にキーよりも小さいので上手く貼らないとずれてしまいます。僕も何箇所かミスしてしまいましたがあんまり気になりません。張った直後は気になりましたが昼寝してから見たらどこだかわからなくなってました。

僕はこのブラックアウトステッカーの上からmoshiというメーカーのキーボードカバーをつけています。

前からつけていたのでこの感触に慣れているというのとこれをつけることによってよりマットな質感になるので気に入っています。

これをつけた方がJとFのホームポジションの突起が分かりやすいのでありがたいです。

スペースキーのmoshiというロゴが良いアクセントになっています。

ありがたいサポート

このブラックアウトステッカーを貼ってしまうとどこにどのキーがあったかわからなくなってしまうこともあると思うのですが公式サイトでキーボードを壁紙にして配布してくれているのです。

ここで配布しています。

僕も記号を覚えきるまでは壁紙にお世話になろうと思っています。

また商品と一緒に紙で出来た一覧表も付属してるのでパッと確認したい時には便利です。

 

メリットとデメリット

メリット

めちゃめちゃカッコよくなれるのでそれが大きなメリットですね。

また、キーボードの印字が剥げたりキーボードが劣化してテカテカになってしまうのを防いでくれそうです。

またブラインドタッチの練習になるのもメリットかと。

あとスタバでめっちゃドヤれますね。

デメリット

貼るのが難しかったです。失敗した部分もあるので予備のシールが3キー分くらい入ってたらありがたかったですが他の人のレビューを見るとミスしたという声はあまり聞かないので僕が下手なだけかもしれません。

これは人によると思うのですがシールのフチの部分が少し引っかかる感じがあって違和感を覚えます。

それもあってmoshiのキーボードカバーを付けているのですが、キーボードカバーを付けることによって引っかかり感はなくなっています。

あとはキーボードを見ても文字が分からないのもデメリットと言えばそうですがすぐ慣れます。

あとこれを購入する人は文字が見えなくなることはデメリットと思わないでしょう。

 

まとめ

これは本当にいい商品です。

キーボードの印字が見えないのもすぐに慣れました。

今もブラインドタッチで文章を作成してますがほぼミスタッチは無いです。

今までもあまりキーボードを見ることなく文字を打っていたのでスムーズに移行できました。

この調子で慣れていきたいです。

MacBook2015〜 MacBook Pro2016〜のJISキーボード用はこれです。

MacBook2015〜 MacBook Pro2016〜のUSキーボード用はこれです。

MacBook Air、、MacBook Pro〜2015のJISキーボード用はこれです。

MacBook Air、、MacBook Pro〜2015のUSキーボード用はこれです。

 


今日のBGM

ゴールデンボンバーのDance My Generationです。

僕はバブルがはじけた後に生まれたので当時のことは分かりませんがいかにもバブルな感じの世界観を演出していて面白いです。

ゴールデンボンバーは女々しくてで地位を確立させたので色物バンド感がありますが曲のキャッチーさが素晴らしく耳にすんなり入ってくるメロディです。

これも一つの音楽の形だと思います。

それでは今回はこの辺で。

スポンサードリンク