今年の春はきれい目柄シャツでドレスライクに行こう

スポンサードリンク

こんにちは。

学生ギタリストブロガーのともろーです。

もう二月になっちゃいましたね。

今回は今年の春に着こなしたいアイテムについて紹介していきます。

今年の春に着こなしたいアイテム

あと二、三ヶ月もしたら春になって軽めのアウターを着たり、シャツを積極的に取り入れたコーディネートをしていくと思うのですが今年の春に着こなしたいアイテムを紹介します。

去年流行った古着風シャツ


去年はかなり古着がアツく原宿、下北沢界隈が一昨年よりも賑わってましたが去年のトレンドだったのがこういった古着感溢れる柄シャツでした。

こういったシャツをオーバーサイズで着用するのが去年めちゃくちゃ流行りましたね。

大学でも10人中6人くらいはこういった柄シャツを着ていてすっかり飽和状態でした。

今年着たい柄シャツとこういう柄シャツはどう違うのでしょうか?

去年流行った柄シャツは開襟シャツが多かったですよね。開襟シャツとはシャツの第一ボタンが無く、少し胸元が開いたタイプのシャツです。

こういったものです。オープンカラーシャツとも呼ばれていますね。カラーとはエリのことでその名の通りエリが空いているのが特徴です。

素材についても去年流行ったのはいかにも古着といったゴワゴワとした質感でザラついた物が多かった印象です。




 

今年着たいシャツは

今年は同じ柄シャツでも少しツヤのあるドレスシャツのようなものが流行るんじゃないでしょうか。

このシャツは僕が去年の夏にSIPSで購入したシャツなのですが柄は小紋柄でどことなくサイケデリック感もあるので古着っぽいのですが素材がコットン100%でツヤのあるシルクのような仕上がりです。

襟の形もカジュアルなのですが上品さがあり可愛らしいシャツになってます。

ボタンも大きめで一つ一つのディテールはカジュアル寄りなのですが全体的にきれいにまとまってドレッシーだと思いませんか?

もう少し寄ってみてみましょう。

襟は少し曲線を描いていますがしっかりと立っていてピシッと決まります。

ボタンは大きめですが安っぽく無くお洒落です。

袖はあまり大きく無くインナーとして着たときに邪魔になりにくいです。

素材はコットンですがシルクのようにスベスベでさらっと着こなせます。

THE DAY ON THE BEACHという日本のブランドのものです。

夏に買ったので70%オフの3500円ほどで買うことができました。

春物は夏くらいに買うと安くなっているのでお得感がありますよね。

こんな感じでニットタイを締めても可愛らしくていいかもしれないですね。

また、このようにチェスターコートの中に着てもいいと思います。柄シャツなので派手ですがアウターを同系色にすると落ち着いた雰囲気にすることができます。

 

自分の中でお気に入りの一着を

 

僕は暑がりなので着用する機会自体はあまりなかったのですが、とても気に入っていて長く着たいなと思えるものに出会えました。

服にこだわることで出かけることが楽しくなります。

服にこだわるとはお金をかけろということでは無く自分が本当に着たいと思える物を所持するということです。たとえそれが安い物でも暮らしを豊かにしてくれます。

そうして自分の周りのものを一つ一つこだわっていくことで自分だけの暮らしができるとそう僕は思っています。

 

まとめ

今年の春は柄シャツでありながら少しきれい目なシャツを着ることによって人とは違った自分だけのこだわりを持てるんじゃないでしょうか。春は服装の選択肢が増えるので自分だけのお気に入りの一着を見つけていきたいですね。

 

今日のBGM

フジファブリックの徒然モノクロームです。

イントロのメロディが特徴的で印象に残ります。古い曲ですが色あせることなく今聴いても新しさを感じます。

 

それでは今回はこの辺で。

スポンサードリンク